環境に優しい野菜

無農薬野菜は、その栽培上基本的には農薬を使うことがありません。農薬をつかないことで、人が食べても安全で健康な野菜を作ることが出来ます。また、農薬を使った野菜よりも非常にみずみずしい野菜ができます。無農薬野菜を、栽培するうえで味をより引き出させるために栽培されているため同じ種類の野菜でも明確に味の違いがると言われています。また、同種類の野菜と比べて味だけではなく栄養価も違いがあると科学的に証明もされており、近年では人気の栽培方法になっています。

農薬を使わない無農薬野菜は、身体にとっての栄養素が豊富で味もいいだけではありません。農薬や除草剤を使わないということは、その土壌も汚染されること無く長い間使うことが出来ます。何度も何度も農薬を使うことによって、汚れた土壌の影響は土壌だけでは収まりません。その土壌に溶けた水が地下に溶け込みやがて川に流れていくことがあれば、ゆっくりとゆっくりと自然を汚染していくことになります。進行がゆっくりなため、人の目ではわかりにくく生態系もゆっくりと壊れていきます。気付いた時には手遅れであるという可能性もあります。川に溶け込んだ農薬はやがて、川の生態系を破壊しその後湖に流れた農薬が、湖の生態系を連鎖的に破壊します。最終的には地球規模で大きな影響を与える可能性があるといってもおかしくはありません。無農薬野菜は、私たちの身体だけじゃく、自然や自然の生態系にも非常に優しいと言えます。地球の資源は有限であり、この資源を未来にまで届ける必要があります。その点でも無農薬野菜は、人や自然に非常に優しいものとなっているといえます。